アロマ音叉®️セラピーについて

紀元前より植物の芳香成分を抽出した精油を用いて行う自然療法として有名なアロマテラピー。実は、音叉もエジプトのピラミッドから多数も発掘され、当時から治療の道具として使われていたと考えられています。

五感の中で、嗅覚だけが本能や情動を司る脳の分野へダイレクトに伝わるため(その速さわずか0.2秒)精油の心地いい香りの薬効成分は、自律神経系・免疫系・ホルモン系へ働きかけるという特徴があります。

また、精油を使ったオイルマッサージは、肌に触れられることで分泌されるオキシトシンやセロトニンなどの「幸せホルモン」によって、心地よさを感じることに加えて精油の薬効成分が皮膚から全身へも流れ、血行がよくなるなどのリラクゼーション効果もあります。

一般には、楽器の調律などに使われることで有名な音叉ですが、閉じたハートをやさしく開き傷ついた細胞の修復にいいとされる 528Hz など、様々な周波数によってココロとカラダに様々な効果が期待できるといわれており、

アロマ音叉セラピーでは、オイルマッサージと、固有の安定した周波数をもつ音叉を融合させ、身体にあるツボや反射区に音のバイブレーションを響かせることで、精油の効果を高め、自律神経を整え、コリやむくみなどの諸症状を和らげ、リラックスやリフレッシュを促すなど、カラダの内側と外側からバランスを整えてまいります。



でも これだけではありません。



人は1日に6〜7万回思考し、実にその9割が、自分で自分を否定してしまう〝ネガティブな独り言〟だと言われています。

特定の周波数同士は共鳴しあうことや、脳にはそこにある音に同調するという特性を生かし、安定した周波数を聴くことによって、強ばっているココロやカラダがほぐれたり、ゆるむだけでなく、ネガティブな思いをポジティブに書き換える効果が期待できるサウンドセラピーでもあります。


古代から伝わる伝統療法の多くは、様々な星々を含めたマクロコスモス(大宇宙)に対して、人体をミクロコスモス(小宇宙)と捉え、お互いに繋がりがあると考えられてきました。


不調に見合った香りと惑星音叉のバイブレーションを組み合わせることによって


body 肉体・mind 精神・spirit 魂


この3つにアプローチし、人がもともと持っている 自然治癒力を呼び覚ましたり、 気持ちが前向きになったり「自分らしさ」に気づくことをサポートし、内なる調和をもたらす効果が期待できるのがこのセラピーの特徴でもあります。

なんだか体が重い
よく眠れない
お疲れを抱えている方

仕事上や身近な人との対人関係や
子育て、パートナーシップ、介護などでお悩みの方

自分らしさがわからない
なんだかモヤモヤするという方


アロマ音叉セラピーでお役に立てることがあるかもしれません